1コインレンタカー

“最近、1コインで借りられるレンタカーサービスが台頭してきたようで、ちょっと気になっています。今までのメーカー主体のレンタカーサービスの多くは、最低でも6時間からの利用となっており、そうなるとやはり数千円の価格がかかってしまいます。

週に一回の子供習い事の迎えに車を使いたい、程度だと不便だったんですよね。そんな中で1コインのレンタカーは10分単位でのレンタルが可能なようです。一回1時間借りるとしても10分100円なので、600円×4としても2,400円なので、タクシーや自家用車を持つコストよりも安く、10分単位なので手軽に利用できそうです。

このレンタカーサービスを利用できる店舗も全国で70店舗以上あるようなので、自宅の近辺にあれば、短時間の買い物の際に利用してみたいと思います。残念ながら、自宅からだと最寄りの店舗まで少し距離があったので、いったん見送りかな、と考えていますが、近くにできたら使ってみたいですね。もしくは、似たような短時間でも手軽に使えるサービスがないか、もう少し探してみるのも良いかもしれませんね。”

福利厚生も利用して

“アベノミクス効果で少し、経済が上向いた傾向にあるようですが、まだまだ不況の真っただ中で日常的に使うサービスや商品をできる限り安価で利用したい事に変わりはありません。当方は車を所有しておらず、必要な時に必要なだけレンタカーを利用する、という形態をとっておりますが、福利厚生の一環でレンタカーが安く借りられる場合がある事をご存知でしょうか。

福利厚生といっても、私の加入しているものとその他では内容が変わってくるとは思いますが、少なくとも、私自身が何社か務めた中で見てきた福利厚生サービスや家族が加入しているものでも、レンタカーの割引は常にありました。

元々、車で通勤しているわけでもなく、ときたま出かける際にあったほうが便利、程度のものだったため、レンタカー+福利厚生の割引価格で利用できれば、車を所有する必要はないな、と感じています。割引額は福利厚生の種類や自分の就業形態によっても変わってくるようですが、もし今レンタカーを利用している、もしくは利用を考えているのであれば、ぜひ一度調べてみることをおススメします。”

価格もさまざま、予算に合わせて

“レンタカーを借りる時に思うのが、ちょっとの時間車が必要になったんだけど、どのくらいの時間から借りれるのかなーというものがあります。

大体の目安としては6時間から価格が付いているサービスが比較的多いみたいですね。価格は大体6時間で6千円程度で、24時間では7,8千円程度のようです。格安サービスの会社で一番安いランクの車だと3千円を切る場合もあるみたいですね。

どんなサービスでもそうですが、ある程度長く借りる方が割引を受けることができるのは、レンタカーでも同様のようで、6時間の利用では6千円程度ですが、24時間では+2千円程度の8千円弱、3日間(72時間)借りる場合には、2万円前後に落ち着くくらいの価格が多いようです。また、会社によっては会員サービスを設けているようで、これに登録することでさらにレンタカーを借りる際に割引を受けられるようです。

価格も大体の目安から車種によってはプレミアムな価格帯だったり逆に、お手頃価格の車種だったりとラインナップが豊富なので、予算に合わせて車種を選べば無理なく使えるでしょう。”

普段乗れない車をレンタカーで!

“旅先でレンタカーを良く利用します。予算の都合がつけば普段なかなか乗れないようなグレードの高い車やハイブリット車も良いと思います。

車の買い替えを検討する際、試乗させてもらえたとしてもほんの1~2キロくらいです。試乗してみたとしても車の良さがよくわからない場合が殆どです。嫌な部分にはよく気が付くのですが。そのような場合には事前に機会があればレンタカーで試してみるというのも良いかもしれません。

普段なかなか乗れない様な、まあ実際買えるかどうかは別にしてグレードの高い車は、標準仕様自体もグレードが良くなっている場合が多く、快適に運転できるのです。
欲しい車の宣伝やカタログを見て、ほんの少し試乗した程度では到底わからないものであるし、好みの問題もあるから可能な限り試乗してみる事をお勧めします。レンタカーにお目当ての車種があれば是非とも一日程度は借りて実際に運転してみる事をお勧めします。

時には、普段はなかなか乗れそうもない車や到底買えそうもない車、自家用車には抵抗があるが借りるならOKかな?という車があるかもしれないから、せっかく借りるなら少し冒険してみるのも良いかもしれないと思います。”

BRZ

禁煙車のレンタカーはありがたい。

“今ではレンタカーも禁煙車が当たり前になってきたが、少し前までは喫煙が当たり前で借りた車がタバコ臭かったりすると不愉快に感じたものでした。

今では、エアコンのスイッチを入れた途端にタバコの臭いやかび臭い風が吹き出してくるという事はまずあり得ません。それなりの代金を支払うのだから当然の事として運転中の車内は快適に過ごしたいものです。だから禁煙車が普通に配車されている昨今ではありがたいことであります。

レンタカー店としても禁煙車の方が掃除する手間や消臭等の手間が省けて良い筈です。灰皿の掃除をする必要も無いし、シート等を焦がされたりする心配をする必要もないのです。もしかすると愛煙家の方も人様のタバコ臭い車は嫌なものかもしれないし、自分で吸ったタバコの煙も嫌なのだろうと思います。なぜなら窓を開けてタバコを吸っている愛煙家をよくみかけますから。。

借りた車に禁煙のマークが張ってあるレンタカーは安心して借りられるので借りる側としては歓迎します。勿論言うまでも無いが禁煙車に乗ったら愛煙家の方もタバコは慎むのは常識です。”

駐車場でもレンタカー。

“今ではレンタカーを借りる方法も多種多様になってきています。ワークシェアリング、ルームシェアリングと同様に浸透しつつあるのがカーシェアリングです。これもレンタカーを借りる一つの方法なのですが、この場合はあらかじめ会員登録し、会費を支払った上で予約をし駐車場で借りて返すというのが一般的です。

一時間からの短時間の使用には便利だというのですが。例えば子供の送り迎えやスーパーへの買い物、ちょっとした用事を済ませるといった場合に活躍するようです。短時間の営業活動にも便利だと思います。また、わざわざレンタカー店まで赴かなくとも簡単に借りられるという点ではメリットも高いのでしょう。主要都市の殆どの場所に点在する駐車場にレンタカーを置いておき、いつでもあいている時間に近くので借りて返すことが出来るというのは借りる側としても便利ではあります。

今の時代をよく繁栄しており、なかなか考えたビジネスであると感心するものです。そのような状況を理解しての事でしょうか従来からのレンタカー店でも短時間の時間貸しも出来るようになってきました。”

駐車場

レンタカーも燃費が重要!

“12月の初旬に札幌に出張する事になり、移動用に3日間レンタカーを借りる事にしました。めったに無い事なので事前にエコカーをレンタル予約することにしたのです。車の入替を検討しているので次回の候補の一つであるエコカーを予約しました。

事前にWeb上から借りる手続きをする際に、多くの手続きを済ませておく事が可能になっていました。注意事項等も事前印刷して準備万端で千歳空港に降り立ちました。直ぐにレンタカー会社の受付カウンターに出向き配車センターまでバスで送って頂き、レンタカーを借りる手続きをしました。

以前なら10分ほど要した手続き時間が2~3分ほどで終了です。運転免許証を提示して、内容の確認を済ませてからサインして手続き完了です。レンタカー会社のシステムも日々改善されている事に驚きと、サービスの充実ぶりに少し安心しました。

若干の雪はあったし、降ってもいましたが走行には全く問題ありませんでした。ただ、残念だったのがエコカーでも数年前の車種であり燃費もさほど良くはありませんでした。雪道を想定しての4WD仕様だったのが、燃費を悪くした原因かも知れませんが。”

レンタカーにもドライブレコーダー

“先日、北海道で借りたレンタカーにはドライブレコーダーが搭載されていました。ドライブレコーダーなんて営業車のタクシーやトラック等がつけるものだと思っていましたが、一般のレンタカーにもついているなんて初めてのことでしたので驚きました。

まぁ事故が起こった場合には大変役に立つことでしょうが。事故が起こらないことを祈りつつ安全運転を心がけたいものですが、自分だけ気をつけていても相手のあることですから備えてあれば証拠にもなるから良いのでしょう。

しかし、走行していてもウィンカーを出さずに入り込んでくる車や、横に行く車が多々あり怖いものでした。このような事情からかどうかはわかりませんがドライブレコーダーが必要だってことでしょうか。

名古屋もウィンカーを出さずに曲がったりする車が多いのですが、土地柄でしょうか。危なくて仕方ありませんでした。それともレンタカーだから、よそ者って事での歓迎なのでしょうか。それにしても交通ルールは守って頂きたいものです。”

道路

レンタカーの予約から手続きまでWebでOK!

“旅行などで切符や宿泊施設を予約すると同時にレンタカーも予約が出来ますが、予約した後にレンタカー用のチェックシートのようなものであらかじめ入力しておくと現地での手続きがスムーズに行え時間短縮になるものです。

例えば、注意事項やレンタカー代に含まれているもの等の説明書を事前に印刷し目を通しておきます。そして必要な書類を印刷し記入しておきます。記入しておけば現地ですぐに提出できます。もちろん免許証の情報も入力するようになっていて、現地での煩わしい手続きが簡素化され快適に処理することが可能となるのです。

今までは現地でいろいろ説明を受け書類を書かされ、保険がどうのこうのと説明をうけてなかなか出発できずにイライラしていた事も多々ありましたが、そのようなイライラ感が解消されたのはメリット大です。いろいろな面でシステムが整っているものだと関心してしまう今日この頃です。できれば借りられる車種の細かい情報まで把握できて予約できればもっと良いのにと思ってしまいます。”

安いレンタカーはガソリンを食う?

“レンタカーを借りるときに考慮する点としては、私の場合は勿論禁煙車です。そして運転のし易さと普段から乗ってみたい車、というところでしょうか。金額もさることながら、現在はガソリン代もなかなか高いものですので、燃費の良い車にこしたことはありませんが。

レンタカー代が安くてもガソリン1リッター12.3キロ程度の走行では燃費が悪すぎます。満タン返しが鉄則なのでなるべく安いスタンドを探して給油しようと思っても、何処もかしこも同じ料金というのが観光地の特色でしょうか。会員やプリペイド、現金決済と条件付なら多少安く提示してあるスタンドもあるのですが、レンタカー代とガソリン代を検討してから借りるメーカーや車種を検討した方が良いと思ってしまいます。

かといって電気自動車になると充電スポットを探さなければなりませんので、この場合は事前に念入りに調べておかないとガス欠ならぬ電気切れなんてことになったら大変ですから注意が必要です。充電の心配が無ければ電気自動車は最高なのですが、まだまだ発展途上なのが残念です。”

電気自動車