人数で割ればかなり安い!

“もう5年以上前のことになりますが、仲の良い友人同士で集まって旅行をしたことがあります。みんな、若かったのであまりお金もなかったので、レンタカーを借りて、全員で割り勘にして旅行に行った記憶があります。

新幹線代も安くなかったので、レンタカーで割り勘にした方が安くすみました。運転も免許を持っている子たちで交代して順番に行い、ワイワイと出かけたのがとっても懐かしいですね。宿に着いた後も、そのまま借りた車があるので、交通の足には不便が無く、調べておいたおススメのお店や観光地に行って、時間を気にせずに遅くまで遊ぶことが出来ました。

ツアーなどに参加したのであれば、中々できない自由度の高い旅行だったなーと思うので、「レンタカーで行こう」と発案してくれた友人には感謝ですね。それまで私は旅行と言えば、公共交通手段か、観光ツアーで手配されるバス、というイメージだけでしたから。友人たちで集まって旅行する際に、レンタカーを利用するのは、価格の面でも気持ちの面でも非常におススメです!”

ランニングコストを考えたら

“車の維持費って考えているよりも高額になりがちです。毎月定期的に払うものだけでも駐車場代、ガソリン代、保険料、細々としたメンテナンスや掃除用具の費用などがかかります。年単位で見れば、自動車税、自賠責保険、車検、車検の結果によっては部品の交換や修理費用などがかかってきます。その額は少なめに見積もっても年間で数十万円となってきます。

もし、車を持っているけれど、月に数回しか使わないというのであれば、非常にランニングコストの高さが気になってきます。いっそのこと、車を手放してしまって、必要な時に必要なだけレンタカーを借りる、という方が良いんじゃないかなと思います。

月に1回、半日利用するとしても、7,000円ほどですから、12か月としても10万円に満たない程度で済みます。都心では駐車場代だけで月に2万円前後かかってきますから、月に2回レンタカーを利用したとしても駐車場代の総計からお釣りが出てきます。レンタカーを利用して、余ったお金で贅沢にご飯や旅行へと興じてみてはいかがでしょうか。”

レンタカーとシェアサービス

“ちょっとだけ車が使いたい!という人に向けて、最近ではレンタカーの他にカーシェアリングという方法が出てきています。この違いについて、ちょっと調べてみたのでこちらでも紹介させていただきます。ざっくりと言ってしまえば、突発的かつ短時間、短距離の利用の買い物や近場に行く日常的な足としてであればカーシェアリング、非日常的で、長距離で長時間の旅行や連続して使用する場合にはレンタカーサービスがおススメのようです。

具体的には毎週日曜日に1,2時間ドライブや買い物に使う程度であれば、15分200~300円のカーシェアリングを利用すれば1,000~2,500円程度で済みますが、レンタカーだと6時間程度から6,000~7,000円ほどとなります。逆に、2泊3日でどこかに旅行に行った場合にはレンタカーであれば2万円程度ですが、カーシェアリングだと24時間で1万円ほどなので3万円前後かかることになります。

自分のライフスタイルに合わせて、上手に持たない生活を行ってみてください。”

1コインレンタカー

“最近、1コインで借りられるレンタカーサービスが台頭してきたようで、ちょっと気になっています。今までのメーカー主体のレンタカーサービスの多くは、最低でも6時間からの利用となっており、そうなるとやはり数千円の価格がかかってしまいます。

週に一回の子供習い事の迎えに車を使いたい、程度だと不便だったんですよね。そんな中で1コインのレンタカーは10分単位でのレンタルが可能なようです。一回1時間借りるとしても10分100円なので、600円×4としても2,400円なので、タクシーや自家用車を持つコストよりも安く、10分単位なので手軽に利用できそうです。

このレンタカーサービスを利用できる店舗も全国で70店舗以上あるようなので、自宅の近辺にあれば、短時間の買い物の際に利用してみたいと思います。残念ながら、自宅からだと最寄りの店舗まで少し距離があったので、いったん見送りかな、と考えていますが、近くにできたら使ってみたいですね。もしくは、似たような短時間でも手軽に使えるサービスがないか、もう少し探してみるのも良いかもしれませんね。”

福利厚生も利用して

“アベノミクス効果で少し、経済が上向いた傾向にあるようですが、まだまだ不況の真っただ中で日常的に使うサービスや商品をできる限り安価で利用したい事に変わりはありません。当方は車を所有しておらず、必要な時に必要なだけレンタカーを利用する、という形態をとっておりますが、福利厚生の一環でレンタカーが安く借りられる場合がある事をご存知でしょうか。

福利厚生といっても、私の加入しているものとその他では内容が変わってくるとは思いますが、少なくとも、私自身が何社か務めた中で見てきた福利厚生サービスや家族が加入しているものでも、レンタカーの割引は常にありました。

元々、車で通勤しているわけでもなく、ときたま出かける際にあったほうが便利、程度のものだったため、レンタカー+福利厚生の割引価格で利用できれば、車を所有する必要はないな、と感じています。割引額は福利厚生の種類や自分の就業形態によっても変わってくるようですが、もし今レンタカーを利用している、もしくは利用を考えているのであれば、ぜひ一度調べてみることをおススメします。”

価格もさまざま、予算に合わせて

“レンタカーを借りる時に思うのが、ちょっとの時間車が必要になったんだけど、どのくらいの時間から借りれるのかなーというものがあります。

大体の目安としては6時間から価格が付いているサービスが比較的多いみたいですね。価格は大体6時間で6千円程度で、24時間では7,8千円程度のようです。格安サービスの会社で一番安いランクの車だと3千円を切る場合もあるみたいですね。

どんなサービスでもそうですが、ある程度長く借りる方が割引を受けることができるのは、レンタカーでも同様のようで、6時間の利用では6千円程度ですが、24時間では+2千円程度の8千円弱、3日間(72時間)借りる場合には、2万円前後に落ち着くくらいの価格が多いようです。また、会社によっては会員サービスを設けているようで、これに登録することでさらにレンタカーを借りる際に割引を受けられるようです。

価格も大体の目安から車種によってはプレミアムな価格帯だったり逆に、お手頃価格の車種だったりとラインナップが豊富なので、予算に合わせて車種を選べば無理なく使えるでしょう。”

普段乗れない車をレンタカーで!

“旅先でレンタカーを良く利用します。予算の都合がつけば普段なかなか乗れないようなグレードの高い車やハイブリット車も良いと思います。

車の買い替えを検討する際、試乗させてもらえたとしてもほんの1~2キロくらいです。試乗してみたとしても車の良さがよくわからない場合が殆どです。嫌な部分にはよく気が付くのですが。そのような場合には事前に機会があればレンタカーで試してみるというのも良いかもしれません。

普段なかなか乗れない様な、まあ実際買えるかどうかは別にしてグレードの高い車は、標準仕様自体もグレードが良くなっている場合が多く、快適に運転できるのです。
欲しい車の宣伝やカタログを見て、ほんの少し試乗した程度では到底わからないものであるし、好みの問題もあるから可能な限り試乗してみる事をお勧めします。レンタカーにお目当ての車種があれば是非とも一日程度は借りて実際に運転してみる事をお勧めします。

時には、普段はなかなか乗れそうもない車や到底買えそうもない車、自家用車には抵抗があるが借りるならOKかな?という車があるかもしれないから、せっかく借りるなら少し冒険してみるのも良いかもしれないと思います。”

BRZ

禁煙車のレンタカーはありがたい。

“今ではレンタカーも禁煙車が当たり前になってきたが、少し前までは喫煙が当たり前で借りた車がタバコ臭かったりすると不愉快に感じたものでした。

今では、エアコンのスイッチを入れた途端にタバコの臭いやかび臭い風が吹き出してくるという事はまずあり得ません。それなりの代金を支払うのだから当然の事として運転中の車内は快適に過ごしたいものです。だから禁煙車が普通に配車されている昨今ではありがたいことであります。

レンタカー店としても禁煙車の方が掃除する手間や消臭等の手間が省けて良い筈です。灰皿の掃除をする必要も無いし、シート等を焦がされたりする心配をする必要もないのです。もしかすると愛煙家の方も人様のタバコ臭い車は嫌なものかもしれないし、自分で吸ったタバコの煙も嫌なのだろうと思います。なぜなら窓を開けてタバコを吸っている愛煙家をよくみかけますから。。

借りた車に禁煙のマークが張ってあるレンタカーは安心して借りられるので借りる側としては歓迎します。勿論言うまでも無いが禁煙車に乗ったら愛煙家の方もタバコは慎むのは常識です。”

駐車場でもレンタカー。

“今ではレンタカーを借りる方法も多種多様になってきています。ワークシェアリング、ルームシェアリングと同様に浸透しつつあるのがカーシェアリングです。これもレンタカーを借りる一つの方法なのですが、この場合はあらかじめ会員登録し、会費を支払った上で予約をし駐車場で借りて返すというのが一般的です。

一時間からの短時間の使用には便利だというのですが。例えば子供の送り迎えやスーパーへの買い物、ちょっとした用事を済ませるといった場合に活躍するようです。短時間の営業活動にも便利だと思います。また、わざわざレンタカー店まで赴かなくとも簡単に借りられるという点ではメリットも高いのでしょう。主要都市の殆どの場所に点在する駐車場にレンタカーを置いておき、いつでもあいている時間に近くので借りて返すことが出来るというのは借りる側としても便利ではあります。

今の時代をよく繁栄しており、なかなか考えたビジネスであると感心するものです。そのような状況を理解しての事でしょうか従来からのレンタカー店でも短時間の時間貸しも出来るようになってきました。”

駐車場

レンタカーも燃費が重要!

“12月の初旬に札幌に出張する事になり、移動用に3日間レンタカーを借りる事にしました。めったに無い事なので事前にエコカーをレンタル予約することにしたのです。車の入替を検討しているので次回の候補の一つであるエコカーを予約しました。

事前にWeb上から借りる手続きをする際に、多くの手続きを済ませておく事が可能になっていました。注意事項等も事前印刷して準備万端で千歳空港に降り立ちました。直ぐにレンタカー会社の受付カウンターに出向き配車センターまでバスで送って頂き、レンタカーを借りる手続きをしました。

以前なら10分ほど要した手続き時間が2~3分ほどで終了です。運転免許証を提示して、内容の確認を済ませてからサインして手続き完了です。レンタカー会社のシステムも日々改善されている事に驚きと、サービスの充実ぶりに少し安心しました。

若干の雪はあったし、降ってもいましたが走行には全く問題ありませんでした。ただ、残念だったのがエコカーでも数年前の車種であり燃費もさほど良くはありませんでした。雪道を想定しての4WD仕様だったのが、燃費を悪くした原因かも知れませんが。”